鉄道乗車券の受取り後に払戻する場合

鉄道乗車券の受取り後に払戻する場合 鉄道乗車券は、指定席券とは違いますから、予約もいらず、予約キャンセル料もかかりません。しかし、鉄道乗車券を購入して受け取ったあと、払戻す場合には払い戻し手数料がかかります。
鉄道会社によってその料金はまちまちですが、無料ということはありませんので、購入する前に十分注意する必要があります。
 乗車日を後にずらす場合は、乗車券の有効期限内であれば、1回に限り無料で乗車日を変更できる場合もあります。
2回目以降の変更になると、いったん払い戻し手数料を支払って払い戻し、その後でまた新しく乗車券を購入するシステムになっている鉄道会社もあります。
 一般的に最もよく使われるJRの場合、乗車券の払い戻し手数料は、1枚220円となります。乗車距離は関係なく、運賃が高額のものであっても一律に220円です。
新幹線や特急の自由席券も、払い戻し手数料は220円です。しかし指定席券になると、払い戻し手数料は330円となります。

鉄道乗車券の価格の割引率分、払戻手数料がかかる

鉄道乗車券の価格の割引率分、払戻手数料がかかる 鉄道で何処かへ行こうと考えて事前に鉄道乗車券を購入したとき、何らかの理由でその計画を取りやめることもがあります。
そうなれば鉄道乗車券は無駄になってしまいますから、払い戻しをしておくほうが良いでしょう。
ただし、そのときには払戻手数料がかかりますから、支払った費用が全額戻ってくるわけではありません。
では、払い戻し手数料はいくらになるのかというと、切符を受け取る前は座席1席につき310円の払戻手数料がかかります。
ただし、鉄道乗車券を予約した方法によって、この金額は変わってきます。早めに予約することで大幅な割引をするサービスを利用する場合には、より高くなります。
また、新幹線の場合には鉄道乗車券だけでなく特急券も必要になり、それぞれに金額が設定されいるので、より手数料が高くなります。
では切符を受け取ったあとはどうなるのかというと、発売価格の割引率分、払戻手数料が必要になってきます。
なお当然のことながら切符が有効期間内でないと、払い戻しはできません。